daily

済州島で突如舞い降りてきたバリスタとしてのアルバイト|2ヵ月の記録

新しいアルバイトをスタートして、はや1ヵ月がたちました。

以前のアルバイトをやめることになってすぐ
知り合いの紹介で素敵なご縁をいただき

女性オーナーがひとりで経営するカフェで
週末だけ・短期で、アルバイトをさせてもらえることになりました。

コーヒーはスペシャルリティのドリップに、
エスプレッソマシンで入れる数種類のドリンクメニュー。

焼き菓子も全部手作りで10種類ほど!

オーナーのこだわりがつまっています*
(こんな素敵なカフェがあったんや~!カフェ・コーヒー好きのわたしにはすごく嬉しい職場環境です)

カフェの規模的には最低でもスタッフ3人は必要そうな広さですが、
以前いたスタッフが辞めたあと数か月間は毎日オーナーが一人で回していたそうで。

コーヒーや焼き菓子が美味しく、海のそばということで、人がひっきりなしに訪れる超人気カフェ。(空気もよくって気持ちのいい場所~)

よく一人で回していたな~と驚くほど
初日から怒涛の1日を体験したのでした。

初出勤!1週目の土日

初日はまずは

・どこになにがあるのか(設備や備品)
・オーダーが通ったらまず準備すること
などの基本的な説明をうけ、

それからはオーダーが通るごとに

・焼き菓子の盛り付け方
・ドリンクの作り方
・お客様へサービング

これらをドドド―っと、実践。
説明を受けながらどんどん実践していきます。

1回説明を受けたものは
2回目からはひとりでどんどんさばいていく。
さらに初日から早速エスプレッソマシンを使っての練習も。

いい意味でも、オーナーがある程度いろんなことにトライさせてくれるので、
やりがいがとてもありました。

焼き菓子も、営業中に少しの合間をみてどんどん仕上げていくオーナー。
わたしも早速お手伝いさせてもらいました。

まだまだ慣れないことばかりですが
初日から、一連の流れはなんとなく把握。

初めての感想はというと…

  • オーナーが優しくてすごくいい人(同じくらいの年齢かな?)
    わたしの言葉を理解しようとしてくれるオーナーの姿勢のお陰で、
    以前のバイト先で苦戦したような、言葉の壁は感じていません。
  • お店へのこだわりがいい意味でとても強い
    とくにドリンクを作るときの手元の所作や、徹底した備品や食器の管理
    ズボラなわたしにはついていけるか不安ですが😂

 

初めてのことばっかりだったので、

たった5時間の勤務でも家に着いてからはバタンキュー----。
かなり疲れました。

でもでも、1週目、楽しかったー---!

アルバイト始めて2週目

この週は、友達が来てくれたけど忙しすぎて全く話せず。
満席がずっと続いている状態でした。

忙しくて記憶がありません(^^)

3週目/土曜日

3週目くらいから、オーナーがお店を10分~15分の間、任せてくれる時間がチラホラでてきました。少し買い出しにいくから見ててね~と。

ちょっとでも信頼してくれているのかな?と思いやる気がますますアップ!
なにより、少しづつですけど作れるドリンクが増えていくことが嬉しい~

ドリップコーヒーと、スチームミルクが必要なドリンク以外はある程度作れるようになっていたので、

必要なときは電話してね~といった感じです。その間わたしはマシーンの練習をひたすらしたりと、有意義な時間を過ごせていたと思っていました。

三週目/日曜日

そんな土曜日とは、うってかわって日曜日は朝から「天気が悪いから今日はエスプレッソの調節に慎重にならないといけない。だからわたしができるだけマシーンするからね~」とのこと。

エスプレッソが天気によって左右されることをその日知った。
それでまた帰宅してyoutubeを見漁る。

お~~~また一つ知識が増えた!

こんな感じで、この頃のわたしは、このバイトのお陰でトライ&エラー&勉強&チェック。

すさまじい勢いで、できなかったことをその日のうちに全部まとめて、
平日にひたすら集中して勉強する。という感じになりました。

 

ただ…

3週目くらいからちょっと気持ちに変化が。

「これは果てしないぞ…」と。(^^;)

もともとコーヒーが好きなので最低限の知識は大丈夫かな~と思ってたんですが、やればやるほど奥が深くって、知れば知るほど遠くなる。

少しづつできるようになってきた~!と同時に、わたしはまだ富士山の一合目!?そう気づいたとき「あ、わたし果てしないコトに手を出してしまったんやー!」と。

すぐ傍で毎日コーヒーに向き合って、毎日疲労困憊のオーナーを見てると
「早く力になりたい!」その気持ちがやる気にもなり、コーヒーについての興味もますます湧くんですが、その反面、目の前の山の果てしなさに少し気持ちがそがれてしまったんです。

 

たまたま降ってきた、好きなコーヒーに関わるアルバイト。

本業が別にあるので、気持ち・頭・時間において、バランスを崩してしまわない程度に
向き合っていかないとな~と、思った週でした。

 

 

ちなみにこのころ、韓国語の勉強も同時進行。
言いたいけど口から出てこなかった言葉などをその日の晩にしっかり書き出し、
週に2回のオンラインレッスンで先生に質問攻撃をしまくる。という感じ。
先生が、お客さんの代わりになってくれてロールプレイなども。
この練習がすっごく役になっている気がします!

4週目

とにかく目が回るほど毎週忙しく、
慣れないエスプレッソマシーンをさばかないといけない状況。

お客さんから見えるカウンターでは平然を装って、丁寧に・綺麗にコーヒーを作らないといけない。

こればっかり意識すると動作が遅くなってしまう。かといってスピードをあげようと思うと散らかってしまうのでオーナーに注意をされる。

一人でパニくっています。(^^;)

毎週そんな感じですが、とくに今週は失敗の連続だった。

なんでこんなこともできひんねんやろう。と
自分で自分がほんまに情けなくなった2日間でした。

とくにやっぱりエスプレッソマシーンの扱い。
1杯だったら作れるけど、それが2杯・3杯同時になったら、どんな動きをしたらスムーズに作れるのか…

まだ体が覚えていないので、脳みそがフル稼働です。

正直、見えないとこでコーヒーの粉、ぶちまけまくってます!

まだまだそんな繰り返しです。

そのほかは、本当にしょうもないことで…
ドリンクを作るのをミスするとか、
わたしの雑さ故に、焼き菓子で使う小麦粉をこぼしてしまうとか。

些細なことかもしれないですが…「このくらいのこと、失敗せずにスムーズにこなしたい!!!」それができず、落ち込む日なのでした。

 

 

さてさてわたしはこれからどれだけこの場所で成長できるでしょうか。

言語の壁や、コーヒーの楽しさとむずかしさで、毎週アッペンダウンですが

できるだけその時々の自分の気持ちの変化を
見逃さないように

またここに綴っていけたらなと思います。