韓国のお盆休み「秋夕(チュソク)」連休初日。アパートの大家さんと過ごす夜

daily

韓国は、日本のお盆休みと同じような連休が、9月21日にやってきます。
9月21日の前後を合わせた3連休です。

ご先祖さんに伝統的なごはんお供えして、親戚と集まって食べたり、お墓参りにいったりと、
意味合いも日本のお盆とよく似ています。

今年は9月21日が火曜日だったので、月・火・水とチュソクホリデー。土日を合わせると合計5日間もの連休がありました。
もちろん学校もお休み。

 

1日目は、アパートの大家さんが家に招待してくださり、夜ごはんをふるまってくれました。
以前わたしがご招待して日本食をふるまったので、それのお返しだよ~と、呼んでくださった…♪

 

広くてきれいなお家~

 

チュソクの連休中ということもあり、伝統的な料理もいろいろ作ってくださいました。

 

わたしは在日韓国人なので、家でも韓国の文化がちょこちょこありました。
とくに、このお盆の文化はしっかりと取り入れていて、

ご先祖さんへのお供えも、まったく同じようなスタイルでおこなっていました。

はじめて韓国で、本物?をみて、

それぞれのお供えものがどんな理由で作られているのかなども聞くことができて、

幼少期から何気なく習慣になっていた韓国文化が、点と点で繋がってきた感じがします♪

左がオーナーさんで、右がオーナーさんの姪っ子のミンジンちゃん。
ミンジンちゃんは、わたしが借りているアパートと同じアパートの一室で住んでいて、
なにかあるたびによく助けてくれています♪

年も近いので話もよく合うし、
こっちに来てからできた初めての友達ですっごく楽しいです。

 

オーナーさんは画家さんで、わたしの部屋にも素敵な絵を飾ってくれています♪この日もアトリエを見せてくれました。

こんなにも素敵な絵がたくさん。済州島の自然を主に描かれている。

それぞれの絵のストーリーも教えてくださったり、人柄もとっても素敵な方です。

それから、デザートを食べたり~

 

自家製の梅酒を飲ませてくれたり。

たくさんもてなしてくださって、至れり尽くせりですごく幸せな時間でした。

 

オーナーさんは、旅行者におもてなしをしたくて2年前にアパートを買いホステルにされたようですが、いまは旅行者がいないから、地元の方への賃貸アパートにされているようです。

コロナが収まったらもっとこんな風にしたいな~なんていう話もしてくださって、「わたしもゲストハウスを営んでいましたよ~」というとすごく喜んでくれました。

 

わたしは、アパートに入居した日から、掃除が行き届いていたりお花や絵が飾られていたりと「オーナーさんの気持ちが込められていて素敵な部屋やな~」と感じていたので、

実際にこうやってお話すると、やっぱりな~♡と、嬉しくなります。

 

楽しくて、ついつい話しがはずんで長居してしまいました。
帰りには、残ったケーキやフルーツ、梅酒などいろんなものを手土産に持たせてくれました。

 

そして帰り道。ミンジンちゃんと公園に寄り道しながら、夜風を浴びてお散歩をしながら帰宅しました…*

いい休日が過ごせたな~

 

 

 

オーナーさんミンジンちゃんありがとう…♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました